注文住宅って何?

家を購入する方法には主に2種類あります。
ひとつは「注文住宅」で、もうひとつは「建売住宅」です。
このサイトでは注文住宅と建売住宅のうち、注文住宅とは一体どういったものなのかということを解説させていただきます。

建売住宅はすでに土地があり、その土地に建物が完成している状態か、決定した設計プランにしたがい建築が進んでいるものの、まだ完成していない段階で売り出されている「新築分譲住宅」のことです。
なお、土地と建物が一緒に販売されているのが建売住宅の特徴です。

一方の注文住宅は、土地と建物が別々に販売されているのが特徴です。
注文住宅を買う人が土地を持っており、その土地に家を建てる場合、新たに土地を購入する必要はありません。
ただし、持っている土地とは別のところに家を建てたい場合や、土地を持っていない場合には、最初に土地を購入する必要があります。
また、注文住宅の場合、家の設計と施工をハウスメーカーや工務店にまとめてお願いするか、設計と施工管理を建築事務所にお願いし、施行を工務店にお願いする形になるのが一般的です。

注文住宅とは上記のようなもののことを指しますが、メリットといえるようなことや、反対にデメリットといえるようなこともあります。
注文住宅のメリットやデメリットとして何を挙げることができるかは別のページにまとめていますので、家の購入を検討している人をはじめ、注文住宅に関する基本的な情報を把握したいと思っている人はご一読ください。



<外部リンク>
栃木県内で注文住宅・戸建てを提案している建設会社のサイトです ⇒⇒⇒ 栃木県 注文住宅